水の無い台所- June

女神の台所について

水の無い台所- June

 

 

水の無い台所- June

 

思い思いの水無月は
こっちでもあっちでも着実に過ぎて行って
水のない月の間わたしは混乱したまま
気づいたら時間だけが過ぎていた
そんな夜

 

久しぶりにもう一度
色々な事を素直に楽しいと感じられて
もう一度シンプルに、いこうとやっと思えて
食べる事も料理をすることも
苦しくてしょうがなかった数日を抜けて
カリフラワーを食べたときに、

なんと、カリフラワーの味がした。

 
そのとき本当にほっとして
にんじんが、甘いと感じられる
そんなあたりまえの感覚を失っていたわたしは
またふくざつんなりすぎている出来事を
片付けてゆくことを始める
自分がどこまでも自分ではなくなってゆく気がした
どんどん世界が小さくなってゆく気がした
ぎゅぎゅぎゅと縮こまっていたのが
もう一度、
たちどまって
遠くの方から望むよに

 

 

朝おきて、いつぶりかに、ダシを引いた。
心を整える一番の方法は、早寝ハヤオキだと思う。

 

場所はニューヨーク市、Soho
ベジタリアンレストランのリストに乗っているのに

なぜか魚やエビがメニューにある店の
夜のキッチンを任されているわたしは、
店を閉めて、くたくたになって、

24時間動く深夜の地下鉄に乗って

マンハッタン島の上のほうまで
帰らなければいけない。

 

 
それならば、今のわたしには、

朝、代わりに出汁を引く道しか残されていない。
豆を炊くのも効果がある。
うそだとおもうなら、やってみるといい。
朝から、米を鍋で炊いて、
みそ汁を作るといい。
魔法みたいに、心が静まるのがわかる。

 

 
不思議なもので、
なにをためしても駄目な人生における問題が、
出汁をひいたら解決することがあるものだ。

 

そんなもんだろう。

 

 

 

残り546文字の

続きをnoteで販売しています

月額マガジン内(350円)でもお読みいただけます

 

 

 

June 17, 2009
Nene Table in NY

 

 

 

 


ニューヨークという街で

淡々と、淡々と

360度の角度から、

食べることに向き合ってきた数年間。

 

外国に渡るまえの、もがき苦しんだ摂食障害から

生きている意味を

世界中で探し、拾い続けた答え。

 

 

そんな女神・松永まいの真髄

すべてが詰まった台所の料理教室。

 

第3回、7月9日(日)

詳細は以下です

 

 

イベント詳細ページ

7/9(SUN) 第3回台所、初関西!申し込み受付中^^

 

<日時> 2017年 7月9日(日)

<テーマ> グラノーラは、作るもの(やすいフルーツティーをじゃぶじゃぶ味わう)

< 定員 >  10名

< 参加費 >   ¥ 5400 (税込)

< 場所 > RENTAL SALON LE SOLEIL(兵庫県尼崎市) キッチンスタジオ202
JR立花駅 から徒歩3分(大阪駅から神戸方面へ、乗車10分)

RENTAL SALON LE SOLEIL

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町2-1-14 レピス1F

(テーマ一覧はSchedule のページより)

お申し込みはこちらのページから

○○○

 

 

 

お問い合わせ・お申し込みは
おもうしこみのページからどうぞ^^

 

申し込みの締め切りは7月3日(月)です♪

お申し込み、お待ちしています〜!