Home » Life:いのちや人生のこと » 注射が嫌いなわけ

注射が嫌いなわけ

生まれてから一度も注射を打ったことのないタオさん。

【台所で、いのちの話をしよう。】

 

わたしは注射が嫌いである。

ただでさえ、普通のひとよりも肉体的に負担がかかる状態で長年生きてきて(発達障害由来その他)苦しい思いを散々してて、

何もないところで転び、怪我をして、今週も京都のともだちの家の中で段差につまづいて捻挫して、気づいたら体に打身ができてるのに何が起こったか思い出せないようなせわしない人生を歩んできている😂。

そんな中で、わざわざさらに、元気いっぱいなのにこの身体に針を刺して痛い痛いと言うのなんてゴメンなのである。

 

ところが実は反対に、理にかなっていることや、必要なこと、避けては通れない痛みにはむしろ人よりとても強い。

 

しばらく前に、スタッフの子と修行僧のハナシをしてて

”生き埋めにされて一週間くらい土の中で過ごして、そのあと生還する奇跡のモンク(僧侶)!!!!!”

みたいのを見たときに、

ああ、これ私本気出せばできるやつだわあ〜。。。

とさらり言ったら

 

「マイさん・・・マジでできそうだからやめて😭」

って言われて話してたんだけど、そのくらい修行っぽく生きてきたから。笑

 

そして、それとは対照的に、不必要な場所に発生する痛みにとても敏感である。

ただでさえ苦しみの多いこの世界において

「気づいてないから」ひとを傷つけたり、「知らないから」自分を苦しめてしまったり、意識が閉じていることが原因で、無駄に発生している痛みを散々見てきていて、たまらなく心が痛む。

自分もまた、「気づいていない人たち」によって命を脅かされる日々を送っていた時期は、本当に辛かった。

みんなの無知や、気づいていない状態により命をおびやかされつつ、そこに湧く怒りをも超えて、何とか気づきに繋がってほしいと祈るのみ。

そんなわけで

「ハイ、採血しますね〜」とむやみやたらとブスブス腕に針を刺されている場合ではないのである。

 

もちろん検査が必要で、栄養が必要で、血を取ったり点滴を打たれることはある。

ありゃとても便利なシステムだよね。💦

 

でも、つい前日採血の結果で「何も問題ありませんでしたよ、健康ですね」と言われた翌日に、たまたま別の病院で、

”そういうルールだから”という本質から外れた理由で痛い思いをしなければいけないのか?

そこには本来、拒否する権利が当然のようにあるはずだと思う。

 

その抵抗は、注射や予防接種を否定するためじゃない。ただ痛くて嫌だとわがままを言いたいわけじゃ無いから。

無意味な痛みや苦しみを、少しでも減らすことができたら
この世界で次々失われてゆく命を救うことがきっとできる。

 

予防接種に関しては、子供が小さいときに、とても不自然だなとひたすらに感じてた。

その生まれたばかりの命は、みずみずしく、完璧な調和に満ちていて、元気で、健やかで、生命そのものといったところだ。

そこに栄養いっぱいのおっぱいや、手をかけたご飯や、季節の果物を与えることは、その調和の延長線上にある。

でも果たして、そのふかふかの存在に、針を刺して、特にどこも問題がなさそうな状態にあえて、化学物質を注入すること。

予防として、社会ではあたりまえのように小さな子供たちに「予防接種」をするのが当然みたいな感じで書類とか送られてくるけど、

自分の肌で感じる感触と、ほどとおいその注射は、少なくともわたしとわたしの息子には全く必要がない気がしたよね。

 

 

注射が好きなひとは稀だとおもうけれど、大切な選択として打っても打たなくても良い。

そして、そこに自分の考えを持つとよい。

それはとても、コントロバーシャルで、わたしたちが命と向き合うにふさわしいテーマだと思う。

 

controversial-台所で、いのちの話をしよう

 

 

 

 

 

 

About Mai

アレルギーも菜食もジャンキーも、自由に垣根を越えて共存できますように。マインドフルネスでウェルビーイングな世界目指して発信しています。

Recent Posts

Category

Home » Life:いのちや人生のこと » 注射が嫌いなわけ