それはいつか

【ジョンレノンを偲いで】

 

いのちのその脆さや、儚さや、弱さや

そのしたたかさや、強さや、永遠にあることを

みんなに知ってほしくて。

ジョンレノンは、どこにでもいて、それに溺れるか、支えるか、生かすも殺すも、それは世界にかかっているのだとおもう。

 

いのちとは、ひいては、そういうものだ。

 

地獄を生きた人。

それはいつか、世界を照らした。

 

 

この世界とあの世界をつなぐことをいつも、考える。

 

 

About Mai

アレルギーも菜食もジャンキーも、自由に垣根を越えて共存できますように。マインドフルネスでウェルビーイングな世界目指して発信しています。

Recent Posts

Category