Keywords癒し

もしも、アクアエスリスが二ネターブルだったとしたら、わたしは笑って、

それをやりすごすだろうか?

 

いいよいいよと、なんでもないことのように済ませるだろうか?

そんなことは無いとおもう。

いのちを無碍に扱うひとが、もしわたしの台所で笑っていたとしたら、容赦無くわたしはそこでビンタするとそう思うから。

自由であること。

限りなく自由で優しくよろこびに満ちているということは、

同時にすべてを自分で選択していきなさい、という厳しさのことだ。

 

 

それは、からだのことであろうと、

どんなささいなことであろうと、同じこと。

 

 

それがわかるようになることが、いのちの尊さを知るということだし、

それをわたしは伝えたいのだから。

 

それは厳しさとは違うとおもう。

愛のことだと思う。

 

 

たおくんに、ママ怖いよねえと言うと、あんなに泣いてるのを

ぜんぜん覚えてないみたいに、優しいっていう。

 

うまくいえないけど、なんでもその人の言うことを

全部ゆるすっていうのは優しいけどほんとの優しさじゃない。

 

ゆきちゃんにはその強さがある。

それを知ってもらわなきゃいけないし、勇気をもってほしい。