Keywords生きる

生きるってことは、

それだけで

本当に、本当に面倒なことで

 

ましてや

その「生きる」ために

 

朝、昼、晩と

 

なにか口に入れるものを探さなければいけないとしたら、

想像しただけで、

絶望的に面倒くさいものだ。

 

 

 

それでも、生きていけないといけないとしたら。

それでも、何かを食べなければいけないとしたら。

 

 

一生続く、毎日必ずやらなければいけないことのうちに

「食べる」が含まれていて

 

ならばせっかくなら、

その毎日続くそれを

 

 

楽しく、ウキウキ、美味しく、

ハッピーなものにしませんか キャピ

 

 

 

 

とまあそのような謳い文句を

掲げていた時期も、あったような気がする。

 

 

 

しかし今はもう、

一ミリもそんな風には思わない。

 

 

 

食べることや

生きること

 

 

その、泥くさくて

もっとも面倒なことを

 

真正面から見据えて

 

 

そして片付けていくこと。

 

 

 

 

生きている感触というのは、

心地良いときのほうが少なくて当然だ。

 

 

 

 

わたしはそれこそが、人生そのものだと思うし

わたしたちの魂が、生まれてきてしまったこと自体が悲劇だと思うし、

 

 

ただ、

やるしかないことなのだとそう思う。

 

 

死ぬまで命を全うすること。

 

 

生きているだけで、

存在しているだけで祝福であるとは

 

そういうことなのだ。

 

 

 

 

 

別にそれが幸せだろうがなかろうが、

あまりそこは関係なくて

 

 

ただ、

なにかを問い続けながら、食べてほしい。

 

 

ただ、なにかを探しながら、

 

「生きる」ことを淡々と

 

 

 

 

湯を沸かし、2週間冷蔵庫に置いてあったキャベツの

食べられるところだけをもぎとって

フライパンに投げこんで

 

 

口に入れる

 

 

この世でもっとも面倒くさい瞬間。

 

 

 

 

それを、

わたしは

 

 

愛と呼ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


帰国しました。洗われて、元気。
日本が一番ですね。帰国一番うどん食べて美味しかったわあ・・・

 

また旅行中の食倒れ日記、アップします。

 

次回の台所イベントは8月10日(木)愛知県一宮市で開催です。

<お申し込みは4日締め切りです>

詳細はこちらから!

 

 

<日時> 2017年 8月10日(木)

<テーマ> ”マヌカという万能薬の秘密”

< 参加費 >   ¥ 5400 (税込)

 

< 場所 >

PIROUETTE

〒491-0838
愛知県一宮市猿海道1丁目9番20号
TEL:0586-52-2185
ホームページはこちらから(一宮駅からバス)

 

 

(テーマ一覧はSchedule のページよりご確認ください)

 

お申し込みはこちらのページから

○○○

 

 

お申し込みお待ちしています!

 

ニュージーランドではなぜだかよくわからないが
レモンを熟してから食べる習慣がある。
だからあんまり酸っぱくなくて、オレンジみたいにして食べることもある