ニルギリが飲みたいなと缶に手が伸びるのは、紅茶紅茶した気分でもないし、かといいつつ緑茶でもない。

という時。

 

ん、ニルギリ。

と淹れたときの美味しさよ。

 

こんなに世界を引き立てるお茶は他にはないと思う。