新月。夏至。かにざ。

はげしい1日だった。

金曜のコンサル後、はげしく浄化が起こるのはいつものことだけど。

はぎしりをするのに一緒に寝てもいいのか心配するたおくんに、「たおくんがはぎしりをするのは、ママにいじわるをいわれて、それでくるしくなって、そのせいではぎしりをしてるかもしれない。

そうだとしたら、ママのせいだから、たおくんのせいじゃない😿」

といったら、

 

「ぜったい、ままがそういうせいがが」「ぜったい、ままがいじわるするわけではない」

と、3かいくらい、ぜったい、と言ってきて、

そのあとで、しきりなおすようにして

「たおくんは、ママがいじわるを言うせい、というわけじゃないとおもう」

と寸分違わない正しい日本語で、ママのせいじゃないと思うよ。と言った。

 

泣いても泣いても、涙が止まらなかったいちにち。

ここ一ヶ月くらいの、パニックが起こる時の苦しさが昇華されてく。

 

ほんとうに、わたしたちはどこに向かうんだろう。

 

しゅくちゃんに、笑って発達障害のこと、注意ができない症状のこと

わたしからすればそりゃそうだって感じだけどね、と言われて、

安堵とまだ自分でどう受け入れていいかわからない、自分のこと。

 

たおくんがきょうもあしたも幸せでありますよう。

 

朝たすけにきてくださいとメールして

泣いていたら、お父さんが5分たたないうちに「助けに来たぞ」といって、かたづけと冷蔵庫のなかを片付けていってくれた。

 

あしたは打ち合わせがやすみになったから、教習所もやすもう。