子供向け料理クラス・その2

ニネターブル料理教室、子供向けクラス終了^ ^

つづき

この日は3歳息子のアシスタントも参加(おもちゃで遊んでいただけ)

そしてパンケーキに入ったあとどんな味になるかお楽しみにと言いながら

野菜を炒めていきます。

だんだん縮んでいく野菜たち。

さっき触った水分のはなしを思い出して、

「おお!全然違う!」

とみんなの反応。

これもまた、普段じっくり

野菜が縮んでいくところを眺める機会が

大人の私たちでも一体どれだけあることか、みてゆく。

ただレシピを覚えてもらって帰るだけじゃなくて

こんな料理の行程の

当たり前すぎるささやかなところを

めいっぱい拾っていくことを大事にしていこうと思っております。

セラピストとして

「丁寧にいまにあれ」と、幸せであるための秘訣として大切にしている考え方の

練習を実際にしてもらうこと。

それぞれが自分の好きなものや嫌いなものを目の前にしながら

楽しそうに手を動かしていくのは

みているこっちも幸せな気持ちになりました。

徐々にホットプレートの上で焼きあがるいい匂いが部屋にたちこめてきて

みんなで一枚一枚ひっくり返していきます。

出来上がったあと

まず、嫌いな野菜も好きなものも

一口づつみんなで食べていくと、

最初コーンが嫌いと言っていた女子が、コーンとトマトの入ったパンケーキを口にした途端、

「おいしい!」

目をまんまるくさせて「おいしい!」

やったー

その日のテーマでもあった

「きらいなやさいと好きなパンケーキ」

Mission complete大成功。

パンケーキというのはイメージだと

甘い果物やクリームのイメージだけだとおもうんですが

惣菜パンの優しいイメージで

甘い生地と塩からい野菜の具がとても合うんですね

ま、お好み焼きとかチジミも英語ではパンケーキと呼ばれるけど
それに近い。

それらの生地に砂糖は入らないけれども。

(全然関係ないけどNYの34丁目が韓国街になってて
韓国料理の店が並んでるんだけど、昔どっかの店で食べたチジミが死ぬほど美味しかったのをいま思い出した バンチャンというメインの前にでてくる小さいキムチとか野菜が好きで韓国ブームの頃、時々行ってた)

普段わざわざパンケーキに野菜を入れて
作ってみようという機会は少ないかもしれないのですが

まさに

誰もが大好きパンケーキと

苦手な野菜がミックスされた時の

ちょっっぴり新しい感触をね。味わってもらうという。

美味しい美味しいと

あっというまにお皿の上は消えてなくなりました。何気にこの瞬間が一番緊張するかも…..ああ、一応美味しかったんだ。。。よかった。。。みたいな。

最後は手書きの汚いレシピをお母さんたちにお渡しし、

ちょっとしたコツや計量の注意などをお伝えして無事終了♪

(軽量がアメリカのカップになってる部分があるので
修正しながらレシピブログ(台所帖)にじゅんにあげていきますね

好評だったので、今度は中学生女子対象に
また愛知名古屋近郊で開催することに決定。

それぞれの年代で

興味のある食材も食べる傾向も違うなか

色々なことを試しながら
瞑想中学女子バージョンとか

開催していきたいとおもいます。(最近の女子の流行りを毎回調べようか。。。)

次回の台所イベントの詳細は

また決まり次第募集したいとおもいます〜。

イベントのオーガナイズ・アレンジや
主催などを手伝ってくださるスタッフを引き続き募集しています。

どちらに在住かどうかは問いません。

ニネターブル・女神の台所の今後の活動に
ご興味ある方など、

その他アシスタントなどや事務を手伝ってくれる方も
必要です。

まだ始動したばかりでコンセプトも定めている最中なのですが
そんな中、一緒に新しいことをはじめてみたい方など

お問い合わせおまちしています!

お問い合わせはこちらから