初めてのコラボランチ会

セラピストかほさんと、お越しいただいた起業コンサルタントのかなこさん。

この一ヶ月、あれこれ自分なりの集客におけるブロックや恐怖、初めて誰かと一緒にコラボするということへの不安などなど山ほど向き合い、お越しいただいたのは、1名

しかも集客のプロなんだわ(笑)

↑起業コンサルでバリバリ稼いでいる方

 

 

こういう出会いがなんだかすごく面白くて、ローフード(非加熱の菜食のやり方)のデザートを作られてて、元パティシエでシングルマザーとか、3人とも同じ時期から活動してるとか。話は尽きませんでした。

 

となりに座って、「集客のことむしろこっちが相談したほうがいいんかいな」と思わずまじまじ横を見る(笑)

 

 

 

 

 

途中でかほ先生、ちょっと肩触っていいですか。と施術的コーナーもありつつ。

こういうのがいいよなあ、と普段他の人のセッションを垣間見ることがないので、すごく色々気づくことがあって楽しかったです。

自分の立ち位置とか、かほさんがしっかりリードしてくれるので、「仕切る」ことを委ねて安心していられる感じ。

 

わたしは、自分にできない専門外のことに精通している専門の方が本当に好きで、
ずっと眺めていられます。

ただなんていうかすごくカッコいいと思うのですね。無条件に胸がときめく感じ。

 

 

これまで1人でのイベントしかやったことないので、そうすると来る人はみんな自分に会いに来る。
自分が王様席で、ちやほやしてもらうみたいな。そんな過去を振り返りながら、以前はただ

自分が愛されてることを感じたかったんだなあとつくづく今回そう思いました。

 

その呪縛から自分を解き放つ意味もあったのかもしれないけど、今は全然自分のスタンスも違うことを感じながら

実際やってみるとなんてことはない、かほさんはかほさん。わたしはわたし。かなこさんはかなこさん。

どこに偏ることもなく良いバランスが心地よくて、ずっとリラックスしながら交換し合う会。

 

 

始まる自撮り会

 

↑前回の東京でもそうだったのだけど、かほさんといると必ずこの状態になる

(かえるのようにひっくり返って笑う)

↓これが前回。初対面。

↑なんか天才的なのですよ。この方。ひとを笑顔にさせるというか、みなぎる陽のエネルギーを注入するというか。

 

 

 

”これから人にどんどん会っていく。”

 

そう決めてから初めての開催、
誘ってくれたかほさんやご参加いただいたかなこさんに本当に感謝です。

 

かなこさんは、手がきれいな人。

手は嘘をつかない。

わたしは指や手が綺麗なひとが好きです。

ネイルとかをごてごてしてるのじゃなくて、まっさらな裸の爪を綺麗に切りそろえている人に

悪い人はいないとおもってる(笑)

 

 

終わりがけに、最後かなこさんが「うまく言葉にできないけど」といって

涙ぐんでいるのを見て

 

ああ、なんて美しいんだろうと素直にそう思いました。

 

 

人の感情は、ただわたしの心をつかんで離さない。

それをどこまでもさりげなく引き出して、そっと包み込むように癒すことを

これからもしていきたいなあと感じた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

というわけで、次回は京都で10月か11月に次なるコラボ講座。

こちらはまたかなり自分にとっては足を踏み入れたことのない世界になります(笑)

 

 

京都で脳科学の研究をされながらスポーツトレーナーとして活動されてる、

これまた身体のプロの方と講座。

 

 

挑戦はつづく。怖いけど、楽しみです。
きっとまた新しいたくさんの学びがある気がする。

 

 

しばらく脳科学の本を読んでいたのだけど、
感情や記憶へのアプローチの仕方がかなり面白いのだよね。

難しい単語や専門用語は相変わらず弱いですが、仕組みというか。

 

自分に何が話せるのか?まだこれから詳細うちあわせですが

 

また詳細決まったらお知らせします!

 

 

その前に一回くらい何かまた募集したいなと思ってるので、

こんな会やワークショップ、講座あったら行きたいという方ぜひ一度
お気軽にご連絡いただけると嬉しいです。

 

今考えてるのは、例えば

 

  • 食の安全のこと(農薬や添加物とどうつきあってゆく?入門)
  • 子供の食事のこと(こんなことで悩んでます、の解決いろは講座)
  • 感情と食事の関係のこと
  • 外見へのコンプレックスでお悩みの方向け、感情のワークショップ
    (そのままの自分を受け入れ楽になるワークで解除してきます)

 

↑こんなのを考えてます。

 

 

 

 

これから新しくみなさまにお会いできるのを本当に
楽しみにしています。

 

 

 

 

<番外>

携帯を忘れて出かけ、挙句の果てに財布に千円しか入って無くて、かほ先生に精算してもらった人↓

10円で実家に電話をかける

 

ぴ、ぽ、ぱ